二次会のイベント景品は包装した方が盛り上がる
景品を工夫して二次会を盛り上げる

二次会のイベント景品

二次会景品

二次会で企画するゲームなどのイベントを楽しいものにするためには
景品に一工夫することで、二次会を一層盛り上げることができます。

予めきれいに包装しておくことによって、中身が何か
分からないようにすることで、にじかいのけいひんイベントの
終盤まで盛り上がりが持続するというメリットがあります。

景品の包装については、大きなものは多少大袈裟なくらい
大きい袋の中に入れたり、小さいものならコンパクトに
包装するのが定番です。

時には、小さいものでも包装を立派なものにすると、何か高額な景品が
入っているのではないかと選ぶ側の想像も膨らみます。


もちろん、見た目が豪華でも中身と釣り合っていないと
反対にガッカリされてしまいかねませんので、そこは気をつけて
あくまでも景品の内容と合った包装にしておくと良いでしょう。


もし、景品がほとんど同じ大きさのものであれば、中身を連想させるような
キャッチコピーのようなものを書いておくという方法があります。

疲れを癒すバスグッズ

景品がタワシなら「台所で活躍する働き者」、入浴剤の場合は
「温泉気分が味わえます」など、幹事さんのセンスで色々な
キャッチコピーを考えておくと、参加者も楽しみながら
イベントに参加することができます。

準備は大変かもしれませんが、大事なのは準備を進めながら
参加者が楽しんでくれている姿を想像してみることです。

自分が考えた内容によって喜んでくれていることが想像できれば
準備もさらに楽しく進められるのではないでしょうか。

小さい物特に知らない人同士で集まる二次会となる場合、こういった
景品の内容が二次会の質を決めると言っても過言ではありません。
慎重になりながら、幹事としても楽しみながら景品を準備して
多くの人が楽しめる二次会にしていきましょう。

Copyright© 2015-2018 2次会景品 All Rights Reserved.